鰹節とだし一貫生産。焼津 新丸正
こだわりの鰹節屋 (株)新丸正
HOME お問合せ・カタログ請求 サイトマップ
ナビゲーションを読み飛ばして本文へ
商品案内 食品メーカー様向け
HOME > 商品案内 食品メーカー様向け
食品メーカー様・企業様向け商品

食品メーカー様の製品の味を左右する原料としてのだしを用途に応じたご提案をいたします。
削りぶし
鰹節から削りぶしまでの一貫生産を行なっていますので、品質はもとよりコストパフォーマンスにも優れています。
だしパック
おいしく、きちんと簡単無添加・健康・安心(安全)の商品作り。をコンセプトとし、開発を進めております。
液体調味料・エキス
健康・安心・安全の商品作りを基に、香り・旨味をポイントに節作りから、開発を進めております。
佃煮(おかかでんぶ)
おにぎりの具かお惣菜に、『素材にこだわった、安心・安全のシンプルな佃煮』をコンセプトに商品開発を進めております。


鰹節製造 商品ラインナップ
商品コンセプト
こだわりの焙乾鰹節製造において、機械化(生産の効率化)・低コスト化(薪使用量の低下)が進み、それと平行して芳香性の低い鰹節が目立つようになりました。『香り』の弱い鰹節では、料理にだし感を付与することはできません。『良いだしほど、香りが高い』これこそが、鰹節風味と長年対峙してきた当社の答えでした。

このページ上部へ

削りぶし 商品ラインナップ
生の鰹から一貫生産を基本として
弊社では、家庭用から業務用までの様々なニーズにお応えするため、添付用のミニパックから、業務用の大袋まで揃えた商品構成となっております。鰹節から削りぶしまでの一貫生産を行なっていますので、コストパフォーマンスにも優れています。
・添付用カツオパックは、0.5g(袋サイズ:60×90)から製造できます。
・家庭用の商品は、200gの小袋商品まで対応致します。
・業務用商品は、平削り…500g、厚削り…1s、ハサイ…5sまで対応可能です。
・その他、ブレンド充填や鰹節以外の充填も可能ですので、ご相談下さい。
糸削り ソフト削り  ふぶき削り 平削り 厚削り

このページ上部へ

だしパック 商品ラインナップ
商品コンセプト
料理や素材の良さを引き出すために、『だし』は欠かせないものです。弊社は鰹節屋であるため、『だしの基本素材となる鰹節から開発できる』という強みがあります。そこで、自社製造の風味強化節をはじめとする、こだわりのだし原料の作りたての節をそのまま即製品化することにより、香りや旨みをそのまま閉じ込めてあります。さらに 、
・『存在感の強いだし』、『伸びのある香り』を追求すること。
・完成料理において、"だし感"や"だし感の持続力"に差が出ること。
・おいしくて、無添加・健康・安心(安全)の商品作り。
をコンセプトとし、開発を進めております。

・だしパック袋への充填量は、添付品として用いられることの多い一人前サイズや、末端市販用の3〜4人前サイズ、100gや1kg入りの業務用サイズまで対応できます。
(だしパック袋のサイズや材質は、容量によって異なります。)
・さまざまな原料のブレンド、削りぶし・粗砕等の形状を問わず充填対応可能です。
・その他、貴社オリジナルブレンドへの対応等、ご要望があれば検討させていただきますので、ぜひご相談下さい。

このページ上部へ

液体調味料・エキス 商品ラインナップ
商品コンセプト
料理や素材の良さを引き出すために、『だし』は欠かせないものです。弊社は鰹節屋であるため、『だしの基本素材となる鰹節から開発できる』という強みがあります。そこでこだわりの抽出原料を、だし抽出に最も適した厚さで削り、料亭のごとくたっぷり使用して抽出しています。さらに、
・『存在感の強いだし』、『伸びのある香り』を追求すること。
・料理や素材の良さを引き出し、旨みの強いだし感を得られること。
・おいしくて、健康・安心・安全の商品作り。

を行なっております。

このページ上部へ

佃煮(おかかでんぶ) 商品ラインナップ
商品コンセプト
弊社は、鰹節屋ならではの“削りぶしそのもの”にこだわって作った佃煮『おかかでんぶ』をご提供しています。鰹節本来の風味をより味わっていただきたいので、味付けもシンプルに仕上げています。『素材にこだわった、安心・安全のシンプルな佃煮』をコンセプトに商品開発を進めております。おにぎりの具かお惣菜に。


まずはお気軽にお問合せ下さい。

■お電話で 
フリーダイヤル 0120-26-5158 受付時間8:00〜17:30 土日祝日を除く TEL 054-624-5231
FAX 054-624-5231(24時間受付) E-mail info@s-marusyo.jp
※ご注文の際は、担当者より包装形態等ご確認の上、通販にて商品をお届けいたします。

お問合せはこちら

このページ上部へ